賢く相続税対策をするには

  • 支払わなくても良い相続税を知っておく

    • 相続税は、被相続人が亡くなって財産を相続した後は支払わなくてはいけない税金です。

      少なくとも法律に規定されているものに関しては相続税を支払う義務があるため、遺産を相続したにも関わらず税金を支払っていなかったときには脱税になってしまうため注意をしなくてはいけません。相続税を支払うときには、財産を継承したときのケースとして二つのパターンが考えられます。一つは、財産は相続したけども単独所有ではなく家族の共有財産として管理している場合です。



      この場合は、個別に税金を納める必要は無いためまとめて税金を支払うことが大事です。



      もう一つは、既に相続した財産を単独所有している場合です。



      財産を単独所有しているときには家族が継承した相続財産とは別に税金の手続きをしなくてはいけないため、継承した分の税金をきちんと計算しなくてはいけません。



      また、相続税に関しては倫理上必ずしも支払わなくてはいけないものがあるということを知っておかなくてはいけません。



      例えば、生命保険や葬儀で使われる物品はこの典型です。生命保険に関しては一定金額に対して控除の規定が存在するため、その分のお金に関しては一切税金を支払う必要はありません。



      葬儀に使う品に関しても、死者に関する宗教上のものに関して税金がかかるのは完全に倫理違反になるため法律もこのような点に関しては相続税を納める必要性はないことを規定しています。



      継承した財産の中でも税金が生まれるものとそうでないものがあることを知っておきましょう。



  • 関連リンク

    • 贈与によって相続財産を減らすことは、相続税対策に有効な方法ですが、ポイントを押さえておかないと贈与と認められないことがあります。認められないと、相続税が課せられることになり、対策の意味がなくなります。...

    • 相続税は、被相続人が亡くなって財産を相続した後は支払わなくてはいけない税金です。少なくとも法律に規定されているものに関しては相続税を支払う義務があるため、遺産を相続したにも関わらず税金を支払っていなかったときには脱税になってしまうため注意をしなくてはいけません。...