賢く相続税対策をするには

  • 相続税の計算がわからないときは法律家に相談すること

    • 被相続人が亡くなって相続権が与えられた場合には、その財産を相続するかどうかを決定することが出来ます。
      その際に、相続をすることを決めたときにはその財産に従った相続税の計算をしなくてはいけません。



      仮に、相続税の計算に関してわからない部分があるのならば勝手に判断するのではなく必ず法律家に相談しなくてはいけません。



      相続税の計算は、法律的にもかなり複雑なものが含まれています。



      財産の性質上、税金を徴収するべきではないものがいくつか存在しており、こうした規定は法律によってしっかりと定義されています。

      しかい、厄介なのはこうした控除の規定が一般人には馴染みがないことです。



      相続財産とは言え、いい加減な税金の計算を行ってしまうと脱税で事情を聞かれてしまうこともあるため安易に行動しないように気をつけることが大事です。そもそも、法律家に対する相続財産に関する相談料金は非常に安いです。



      法律家も、亡くなった方の財産から必要以上に料金をとるようなことはしないため、一般的な事務手数料よりも安い価格で相談に乗ってくれることが一般的です。



      実際に、相続税に関する相談は成功報酬で、相続財産の約1%から2%が相場です。



      1000万のお金を相続してもわずか10万円程度しか支払わなくても良いため、一人で迷っている暇があれば相談したほうがずっと効率が良いと言えます。


      相続税の控除規定を利用すれば小さな税金にすることもできるため、詳しく情報提供して相談することが大切です。



  • 関連リンク

    • 遺産相続の問題が起きた時は権利関係でもめることが多く、その対応に時間をとられやすいです。しかし相続の問題は権利関係だけではなく相続税の問題もあるので、そのことについても対策をしなければいけません。...

    • 被相続人が亡くなって相続権が与えられた場合には、その財産を相続するかどうかを決定することが出来ます。その際に、相続をすることを決めたときにはその財産に従った相続税の計算をしなくてはいけません。...