福祉施設の有料老人ホーム

福祉施設の有料老人ホームでは、契約時にリスクマネジメントの考え方を本人及びその家族に説明することが求められます。
契約では責任・義務が契約当事者に生じるものであり、契約にあること以外は、その都度双方の合意が必要です。



契約違反については、管理責任、障害・賠償責任などが問われます。

Girls Channelについて興味がある方にオススメのサイトです。

契約違反には、1つ目に履行遅延、2つ目に不完全履行、3つ目に履行不能の3種類が存在します。


福祉施設の有料老人ホームにおいても、損害賠償責任を問われ、事業所は正確な基礎的な理解と事故防止対策の検討が必要不可欠です。

福祉施設の有料老人ホームにおける安全配慮義務を法人が負うということは、判例上明確となっています。



典型的な事故パターンとして、転落・転倒、誤飲・誤嚥、行方不明など様々あり、紛争や訴訟化することは避けがたい状況になっています。


こうした事故などについて教育・啓発を行い、高齢者介護のサービスの質の向上を観点にし、リスクマネジメントの構築を志向することが大切です。

福祉の現場では、有料老人ホームの中の安全点検が行われているか、安全点検の担当者を設置しているか、研修は常時行っているのかということが訴訟上問題となったとき、それらが行われていないということは施設にとって、非常に不利な状況となります。
リスクマネジメントを考えるときには、サービスの質の向上という視点にたち、入居者の安全の確保、典型的な事故パターンに対する予防対策の整備、顧客満足度の向上を志向することが必要です。